頭皮乾燥対策のローションとシャンプー | 男の頭皮に

頭皮乾燥に関する悩みにお答えします。

頭皮乾燥対策

フケやかゆみ。

 

そして抜け毛。

 

頭皮の乾燥による、問題に悩んでいませんか。

 

対策したくても、メンズ用の頭皮専用ローションが売ってない。

 

実は女性用の頭皮専用ローションなら、良い商品が一杯あるんですよ。

 

頭皮に関しては、男性も女性も変わりありません。

 

それなら、女性用ローションで対策しましょう。

 

 

頭皮専用トラブル美容液

 

すこやか地肌


 

頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」

 

 

 


男の頭皮のことを考えたシャンプーランキングです。

 

頭皮の潤いを保つにはシャンプーが大事です。
頭皮の事を考え抜いた洗浄成分潤い成分が配合されたシャンプーを紹介します。

 

特に男性をターゲットにした商品ですので、男の頭皮の悩みには最適です。

 

インジールシャンプー

 



 

天然の保護成分のゼインが髪を優しく包み込みます。
アルガンオイルとホホバオイルも配合しており、
髪と頭皮に栄養を与えます。

 

INZEALシャンプー

 

 

 

プレミアムブラックシャンプー

 



 

シャンプーというと髪の毛を洗うものと思っていませんか?
これは頭皮を洗い、頭皮を活性化するという新発想から生まれた画期的なものです。

 

プレミアムブラックシャンプー

 

 

 

スカルプD

 



 

6年連続男性シャンプーシェアNo.1
売れているのには理由があります。
提携するクリニックと共同研究した予防医学に基づく商品を幅広く展開しています。

 

医療の現場から生まれたシャンプー スカルプDで遺伝に立ち向かう

 

頭皮乾燥対策の提案です

頭皮乾燥対策 〜 男の頭皮を守ります。
10月下旬がやってくると空気が乾燥を始めるせいか、私の頭皮は乾燥が原因で髪をシャンプーしても乾いたと思ったら直ぐにフケが出ていたんです。
それに常にかゆみがある状態です。

 

フケは頭皮近辺の髪をさわっただけで肩に落ちてきました。

 

自然乾燥であってもドライヤーを使って乾かしてもフケが発生していたので、黒や紺などの暗い色の洋服を着れませんでした。

 

最初の頃は頭皮乾燥という事を把握していなかったので、シャンプーやコンディショナーが頭皮にそぐわないと思い、数回取り替えていましたが状況は変わらなかったので、インターネットでチェックして初めて頭皮乾燥という事を認識しました。

 

インターネットには頭皮乾燥対策も掲載されていたので、その通りに取り組んでみました。

 

頭皮乾燥対策の方法は以下の通りです。

 

1)頭皮への刺激が少ないシャンプーで丁寧に洗髪する。

 

2)髪や頭皮にシャンプーが残らないよう、しっかりとすすぎする。

 

3) 髪を洗い終わった後は、タオルで髪の水分をきちんと吸い取ります。

 

4) 乳液を手の平の上に出します。量は500円玉くらいの容積です。

 

5) 反対側の手の先に乳液をつけて頭皮に直接付けていくのですが、頭皮に染み渡らせる要領でのばしていくとベストだと思います。

 

6) 足りなくなれば再び500円くらいの量を供給して、頭皮につけていきます。

 

7) 頭皮全体につけ終わり手の平に残っていたら、両手をこすり合わせて両手の平に乳液をのばします。

 

8) 手の平の乳液を髪全体に塗りつけます。髪全体につけるために乳液を出す必要はないです。つけ過ぎると髪が乾いた後にべたついて見えるので、髪につける量は少し物足りないほどで良いです。

 

9) ドライヤーで髪を乾燥します。

 

乳液を頭皮と髪につけるようになって以来、翌日でもフケが出る事はなくなりました。

 

乳液を使う目的は、油分で膜を作ることにより保湿する為です。

 

今では暗い色の服もフケを気にする事なく着ることができます。

 

ただし問題なのは乳液だと若干ベタつくので代わりにホホバオイルや頭皮ケアローションでも良いかと思います。

 

また、洗髪時のシャンプーには気をつけましょう。

 

刺激が少ない、サルフェートフリー(アミノ酸系シャンプー)がお勧めです。

 

早くフケや頭皮のかゆみとオサラバ出来るよう対策しましょう。

 

頭皮乾燥の原因は

頭皮の乾燥は排出された脂肪酸が地肌を刺激して異常なターンオーバーを繰り返して、地肌が弱まりバリア機能が低下している事が原因として一番に上げられます。

 

頭皮はデリケートです。

 

顔や身体の皮膚に比べて、毛髪に保護されている分、外部からの刺激に敏感に反応します。

 

よくあるパターンとして、フケやかゆみが止まらないので、一日に何回もシャンプーをする事があります。

 

その行為だけで、皮脂がなくなり頭皮が無防備な状態になります。

 

そのシャンプーがサルフェート(硫酸系界面活性剤)入りだと頭皮への影響は甚大なものとなります。

 

頭皮の脂分を落としすぎ皮脂膜を傷つけることによって、皮膚のバリア機能が働くなくなります。

 

結果、頭皮が乾燥してフケやカユミの原因になるのです。

 

シャンプーは一日1回、それも低刺激性のシャンプーを使用する事が原則となります。

 

一般市販のシャンプーだと、ほとんどが刺激が強すぎるので、専門店か通販で購入することをお勧めします。

頭皮改善すれば育毛効果が高まります。

 

薄毛や抜け毛の悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。

 

その悩みは加齢に伴いどんどん深刻化していきますので早めに対策を講じることが大切です。

 

薄毛や抜け毛の原因となるのが頭皮環境の悪化です。

 

加齢、遺伝、食生活の乱れによる栄養不足、睡眠不足、運動不足、ストレス、疲労、喫煙、ホルモンバランスの乱れなどが主な原因となります。

 

これらの原因により、新陳代謝が低下して血行不良を起こすことで地肌が硬くなってしまったり皮脂が過剰に分泌されたり乾燥したりして頭皮環境が悪化し、薄毛や抜け毛に結び付いてしまうというメカニズムです。

 

ですので、頭皮改善をすれば育毛効果は高まります。

 

具体的な方法についてですが、まずは自分の日頃の生活習慣を見直してみるということから始める必要があります。

 

食生活においては、様々な食材を食事メニューに豊富に取り入れて、ビタミンやミネラルやタンパク質を満遍なく摂取するということを心がけましょう。

 

こまめな水分摂取も代謝のアップにつながります。

 

ビタミンやミネラルはストレスや疲労や喫煙により体内から大量に消費されてしまうという性質があるので、積極的に摂取して栄養補給しましょう。

 

疲労回復やストレス解消や禁煙に努めるということも大切です。

 

新陳代謝を高めるために適度な運動を習慣づけたり、良質な睡眠や規則正しい生活リズムを意識するということも心がけましょう。

 

そして、正しい方法でシャンプーをして頭皮を常に清潔な状態に保つことや育毛剤での頭皮ケアも必要不可欠です。

 

生活習慣を見直して体の内側から頭皮改善することとシャンプーや育毛剤で外側からアプローチすることで育毛効果をさらに高めることができます。

 

シャンプーは、しっかりと泡立てることとすすぎを徹底することを心がけましょう。

 

育毛剤は、シャンプー後の清潔な頭皮になじませて硬くなった地肌を柔らかくもみほぐすようにマッサージしながら浸透させましょう。

 

血行が促進されて育毛剤に含まれる有効成分の浸透力をアップさせることができます。

 

頭皮改善をして育毛効果を高めて薄毛や抜け毛の悩みを解消させましょう。

育毛剤の効きも低下します

 

頭皮乾燥状態が継続すると、毛根が弱体化して抜け毛が始まります。
また、毛根や皮膚の反応が鈍くなるため、育毛剤の効きも低下します。

 

折角高価な育毛剤を購入してもあまり効かないのでは悲しいですよね。
育毛剤を効果的に使用する為には、健やかな皮膚や毛根の状態にする必要があります。

 

保水量を滴定値に保ち、余分な皮脂を排除する必要がありますよ。

 

その為には、上述している通り、正しいシャンプー選びが必要になってきます。

 

またいくらシャンプーが正しくてもトリートメントやローションが粗悪製品ですとなんの意味もないので気をつけてくださいね。

 

 

 

使用上の注意

 

お肌に合わないときは、使用をおやめください。
使用中に赤味、はれ、かゆみ、刺激などの異常があらわれた場合、そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがございますので、皮膚科専門医などにご相談されることをおすすめします。
傷、はれもの、湿疹など、異常のある部分にはお使いにならないでください。
目に入ったときは、直ちに洗い流してください。
保管、および取り扱い上の注意
1. 乳幼児の手の届かない場所に保管してください。
2. 極端に高温または低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。

 

参考:化粧品等の使用上の注意について