加湿器の有効利用

冬の最適湿度は40%

加湿器の有効利用

頭皮の保湿のため、室内環境の改善も必要です。

 

夏はエアコン、冬は加湿器で湿度を調整します。
夏に関してはエアコンで出来るだけ除湿していますが、それでも湿度が下がりすぎて、皮膚が乾燥することはありません。

 

問題は冬ですね。
油断すると湿度20%を切ることもあります。

 

人が快適に過ごせる湿度は40%〜60%と言われています。
そして皮膚に最適な湿度は60%です。

 

ただ、冬に湿度60%にすると、結露等が発生してカビの原因にもなるので、40%ぐらいがベストでしょう。

 

加湿器を利用することにより、湿度調整が可能ですので、40%を切らない設定で加湿を行いましょう。

 

最近は湿度管理に優れたエアコンも発売されていますので、そのような製品を使用している方は、加湿器は補助的な役割で済むようです。

 

加湿器がない場合は濡れタオルを干すだけでも若干の湿度アップになりますので試してみてください。

 

睡眠時は近くに濡れタオルを置くとか、湿気のあるものをそばに置いておくと一定の湿度を保とことができますよ。


アロマ加湿器もいいですね。

最近、家電売り場等でアロマ加湿器が人気です。

 

加湿と同時にアロマテラピーを行えますので、
お好みのエッセンシャルオイルを使って、
快適な空間を演出しましょう。