石けんシャンプーのメリット、デメリットは

石けんシャンプーは弱アルカリ性です。

石けんシャンプーはその名の通り、石けん成分(カリ石けん素地)を洗浄成分にしたシャンプーです。

 

とは言っても、ミヨシ石けんやシャボン玉石けんで直接洗う訳ではありません。

 

石けん成分を液状化してシャンプーにしています。

 

石けんはアルカリ性の泡で汚れを包んで洗い流します。

 

メリットは皮膚に対する刺激が弱い事。
デメリットは髪がアルカリ性になる為、ごわついてしまう事。

 

コストに関しては、一般シャンプーより高く、アミノ酸シャンプーよりは安い傾向があります。

 

ただ、相性があるようで私が石けんシャンプーを使ったら物凄くフケが出て捨ててしまった事があります。
一般的には頭皮に対する刺激は低いと考えられていますが、人によっては合わないこともあるようです。

 

あと、ちゃんと濯がないと、石けんカスが残って髪に張り付く事もあるそうです。
やはり濯ぎは大事ですね。

 

あとボディーシャンプーは体専用の洗浄成分を使っていますので、結構洗浄力が強力です。
頭皮には刺激が強すぎるので、使用しないようにしましょう。

 

参考文献


ドラッグストアなどのシャンプーコーナーを見ると、たくさんの種類のシャンプー剤が並んでいます。このなかで、どれが石けんシャンプーなのでしょう・・・?それは、商品の成分表示を見るとわかります。
石けん素地(カリ石けん素地)、石けん分(純石けん分)、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム、が主成分であれば、石けんシャンプーです。 多くの商品には、これらの主成分に保湿剤や香料、金属封鎖剤(CMC)、酸化防止剤、保存料などの添加物が配合されています(主成分だけの、無添加石けんシャンプーもあります)。
石けん百貨では、添加物の成分を吟味して安全性が確認できる商品のみを取り扱っています。
出典:石鹸シャンプーとは

 

 

石けんシャンプーのメリット、デメリットは関連ページ

頭皮乾燥にはアミノ酸シャンプーが一番!
シャンプーに関する正しい知識