シャンプーに関する正しい知識

シャンプーのやりすぎは良くないよ。

女性に比較対照し男の人は、なんといってもヘアケアが手抜きに陥りやすいことが大概です。

 

もとから、「髪に気づかいするのは男らしくない」という認識が粘り強い上に、仕事が手一杯な人ならなおのこと、「この程度のものでいいだろうと思います」とおろそかになってしまうのも原因だろう。

 

それほど、薄毛が進展している時に、頭髪量の下降によって起こるように、いっそう自分勝手にすませてしまうという人も見受けられます。

 

自明のことですが、今のままだととんでもない事が起こります。実際どんだけ育毛に一点集中してお金も時間も掛けていても、へアケアそのものが不明瞭であれば、育毛効果が見受けられないどころか、まだある髪さえも脱却していってしまうこともあると聞きます。

 

凄腕のへアスタイリストは、「頭皮は髪という樹木を生やすグラウンド」というフレーズをよく使用します。つまり、ずさんなヘアケアは、手間ひまかけて樹木も土壌も意地悪したりして不毛の大地を採用するようなものということ。

 

渋谷の美容室

 

元渋谷の大規模店美容室の美容師さんいわく、「アシスタントがシャンプー担当者になるまでに6ヵ月ほど必要になります。当然最も基本でキーポイントとなるシャンプーのやり方を余すことなく叩き込まなければ、ゲストの髪に悪影響をもたらしてしまうから!」と言われていたくらい、美容業界では頭皮、毛髪のケアには、シャンプーを最優先視しているということを意味します。

 

また、間違いないへアケアにとっても、正常でないスキルも道具も必要ではありません。第1に必要なのは、あなた自身の髪への情愛で、第2に絶対不可欠ののは、次にご案内する『薄毛対策の時に用いるシャンプーのコツ』を管理することだけになっています。

 

さっそく、その10項目を閲覧してもらいましょう。

 

抜毛を劣化させないための洗い流しのコツ10項目

 

髪の美しき、元気をキープするためにはシャンプーは必要になりますが、多くの方が自分勝手の洗い方で加療していることと思います。

 

抜け毛・薄毛をシャンプー法だけで征服するためのことは不可能ですが、シャンプーを本当の意味で行わないと、抜け毛を促進したり、ようやっと生えた髪の発育を損なわせてしまうことだって!

 

本日からは、正しいシャンプーで薄毛の一連の流れを一刻も食い止め、新世代毛が育つ壌土を確立しましょう。

 

1 髪のもつれをとかしておく

 

髪は水分を含むと関係しやすくなるから、前もって、目の粗いブラシや手ぐしで、もつれをとかしておきます。髪がもつれたままシャンプーすると、綺麗にする時にシビアすぎる力がかかり、抜け毛の要因となります。髪が短いケースもあればあまり汚染されていない場合は、飛ばしてもOK。

 

2 シャンプーの直前に髪を湿らす

 

シャンプーする前にしっかりと髪を濡らしておく乾いた髪にいきなりシャンプーをつけると、シャンプーの成分が髪がある中から入り、洗髪したのちのちしみ出て頭皮にダメージを負わせることが想定されます。

 

それを防ぐため、シャンプーをつける数分前に、髪をシャワーでよく濡らしておいてください。このようにしておくと、髪の中に水分がしみ込んで、洗浄しての侵入を避けることができます。

 

もう一度、髪と地肌を十分に濡らしておくと、キレイにしての泡も全体に足を運び渡りやすいようになります。この状況で汚れの約70〜80%は下降するので、微に入り細に入りすすぎ落としておくことをおすすめします。

 

3 シャンプーは直に髪につけない

 

シャンプーは直接髪にセットしないシャンプーをストレートつけ、髪を活用して泡立てると、なんといっても洗髪時間が無駄に長くなり、髪と頭皮が傷が残る。そこで、シャンプー液を泡立てネット等に含ませ、十分泡を作ったタイプをつけることに注意しましょう。

 

4 爪を立て洗わない

 

シャンプーするときには爪を立てて有無を言わさずに引っ掻かないように頑張る薄毛の人は、頭皮の皮脂を除去しようとして、どうしても爪を立てて髪の汚れを落とす確率が高いです。しかし、これは頭皮を痛める上に、洗髪後の皮脂分泌をさらに生き生きさせることに・・・。指先でなく指の腹をつかい、頭皮をマッサージしてしまうように洗髪しましょう。

 

簡単に説明すると、バスケットボールを指でわしづかみにしてピックアップする場合、指の腹で掴んでもすべって下降して、持ち上げることなど不可能です。しかし、指先で実施すればボールを明確にとらえて持ち上げることが実現してしまいます。指先と頭皮の関係はこれと同じわけです。

 

(すいません。例えが悪すぎました。。。)

 

 

 

また、指の腹が頭皮とべったり密着している状態のほうが、次にやってくる毛や細長い毛を引き抜きません。しかしながら、指の腹で頭皮を動かすと、指と頭皮 で毛を挟んだ状況の中でこすることになるため、抜毛になることを経験したので留意が必要です。

 

5 シャンプーは1分たらずで

 

心地良いからとシャンプーに時間をかけすぎると、何と言っても頭皮におすすめできません。今ある髪の量にも影響されますが、洗髪につぎ込む時間は最大値で1分。薄毛が進展している場合は、根本的40秒程度でもオーケー。

 

また、シャンプー中にシャンプーの泡が目に入ってしみるという人は、前屈みになりすぎています。

 

前屈み姿勢で洗髪をすると、肩が凝り易くなって頭部への血行障害を招くのは当然の事、顔に垂れたシャンプーの成分で皮膚の疾患に見舞われるリスクも。なるだけ、まっすぐの姿勢で、シャンプーやすすぎに取り掛かりましょう。

 

6 すすぎは1分30秒〜2分かける

 

髪や頭皮にシャンプーの成分が残ら無いようにするため、すすぎは洗髪の倍近い手間暇を掛ける必要があります。すすぎが良くないと、フケやかゆみが発症する原因になったり、抜け毛がプラスされることもあるので、一点集中してすすぎましょう。

 

7 2度洗いはしない

 

頭皮の汚れを突き詰めて取ろうと、洗髪とすすぎのローテーションを行う人がいるが、薄毛にはかえって良くない事。

 

洗いすぎは皮脂分泌を強烈にし、発毛に不都合があるだけなのです。〈2度洗いが必要とされている人は、甚大な長髪の場合に制限されます。〉また、朝晩1目2回のシャンプーも回避するようにすべきです。

 

8-1 このような内容の成分はご注意ください!過大である洗浄成分は抜け毛を助長!?

 

合成界面活性剤が含有されたシャンプーは、その強い洗浄成分が頭部の肌を守る皮脂をも取り除きすぎてしまい、頭皮の環境を進行させることがあります。パワフルすぎる洗う力などによって、貴重な頭の皮脂も除去し、事と次第によると、炎症・抜け毛・フケなどの元凶であることも。

 

また有害な合成界面活性剤は、以前から、頭皮を多種多様な菌などから監視する後目を持っている脂質をも落としすぎてしまうことと思います。頭皮の皮脂が必要以上に軽くなると、頭皮環境にとってもおすすめできません。

 

さらに、個人ごとに肌トラブルを起こす合成界画活性剤が複数扱われていると、成分同士の連鎖反応によって出来たての毒性かでき上がる“相乗毒性”の作用が、未知数なのは心配な点でしょう。

 

プロダクト選びに考え込んだら、ボトルの裏の成分表に基づいてし、なるべく成分がシンプルなものを探すようにするといいでしょう。多少面倒かも知れませんが、抜け毛のリスクを少しでも減少させるためには重要な部分なのです。

 

8-2 シャンプーに活用される『有毒性の高い合成界面活性剤』一覧

 

リスク5 ★★★★★

 

お肌への刺激はあまり多くないが、脂肪を落とす力が凄まじく強い。発ガン性物質の側面もある。

 

アルキル硫酸エステルナトリウム
〈AS・ラウリル硫酸唯ナトリウム・SLS、ラウレス硫酸ナトリウム〉
アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
〈AES・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩〉

 

 

リスク4 ★★★★

 

Aの成分より洗浄パワーは劣るものの、思い切り殺菌作用が強く、頭皮の健康を順守している常在菌をも殺菌してしまう合成界面活性剤。また、皮膚障害や粘膜変調をきたす見通しがあり、神経に不都合がある神経毒性があるとも考慮されている。

 

塩化アルキルメチルアンモニウム
〈塩化セチルメチルアンモニウム、塩化ステアリルメチルアンモニウム〉
塩化アルキルトリメチルアンモニウム
〈塩化セチルトリメチルアンモニウム、塩(ヒステアリルトリメチルアンモニウム〉
塩化ジアルキルジメチルアンモニウム
ラウロイルサルコシンナトリウム(ラウロイルサルコシン塩)

 

 

リスク3 ★★★

 

A・Bと照らし合わせてれば洗浄力が弱いが、気泡反応・乳化反応があり、頭皮環境にとってはメリットがない。失敗して身体の中に入ると肝・腎機能障害が発症することも。また発ガン性物質の猜疑心も。

 

ポリオキシエチレングリコールモノ脂肪酸エステルP E G
〈ポリエチレングリコール〉
ポリオキシエチレンアルキルエーテルPOER
〈パレス、ステアレス、セテス、ラウレス、AE〉

 

 

 

8 リンスは要らないのか?

 

毛量が多くない人にはリンスの必要不可欠ではなく。少なくともリンスの使用は発毛によい影響を及ぼすことはありません。リンスを活用するかどうであるのかを悩むのは、バッチリ髪を生えた後でいいでしょう。

 

どうしても髪の乾燥・パサつきが心もとなさを感じるというときは、リンスやトリートメントを利用しますが、その際は、毛先を中心に毛髪のみにつけるように心配り。

 

9 トニック・育毛剤は頭皮に塗り付ける

 

薄毛で苦しんでいる人は、血行促進・皮脂分泌調整・栄養補給・フケやかゆみ取り外しなど、用事に合わせたトニックや育毛剤を使う可能性が高いでしょう。この時、指先で髪を引き分けなどして、頭皮に直接つけることが可能ように塗り付けないと、十分な成果が現れません。

 

塗り完了した時には軽くマッサージをし、細孔から育毛剤が周知されるまでの数分間は、首を回したりして、首から上の血行が立ち直るように努力するとさらに実用的です。

 

10 洗い終了した髪は間髪をいれず乾燥させる

 

お風呂に入った後、腰にタオルだけ巻き付けてビールを一杯などという習慣は、今日限りやめるのが得策です。髪が浸水したままだと、頭皮はばい菌が繁殖制約なしとなり、潤いのある髪は傷みやすく、切れ毛・枝毛を誘引してしまいます。

 

濡れてしまった髪は、まずよく湿気が無くなったタオルをあててざっと水分をとります。この際に、髪と頭皮を痛めつけないためも、ゴシゴシとタオルを前後させるのはNG。帽子を被る感覚で頭にタオルをあて、手の腹で軽く圧力を追加するようにして、水分を吸い取らせます。

 

その次は、ティッシュペーパーを髪にあて、タオルで取りきれ充分でなかった水分を除き、ラストになりますが、へアドライヤーで髪全体を乾かすることになります。

 

スタート時よりドライアーで髪を乾かすのは避けるべき

 

「初期段階からドライヤーで一気に乾かせば良いのでは?」と言う人も多いかも知れないけれど、ドライヤーの熱風を受けた髪は、軽く100℃の上を行くことが想定されます。

 

これは髪や頭皮によくありません。タオルとティッシュペーパーでほとんどすべての水気を除くのは、ドライヤー熱風を極力減少することが要因となります。

 

ドライヤーを使う時は、1カ所にドライヤーの温風を集まり過ぎないようにスポットを当てながら、全てに乾かします。ドライヤーを低パワーの工夫にしたり、髪を乾きさせ過ぎに注意することが必要不可欠になります。

 

またへアブラシは、有害な静電気の出現をストップさせるため、静電気防止性能のあるブラシ、豚などの生き物の毛や竹や、木など植物を掛けたものを使用してもいいです。

 

一般の「育毛シャンプー」で毛髪は生える?

 

近頃では、とても豊富な種類の「育毛シャンプー」が売られています。「薬用」という書き込みがあると、なんだか効きそうな気分になりますよね。

 

ところがどっこいストレートに言うと、市場に出回っているシャンプーに、発毛や育毛の効果はあるはずがありません。発毛・育毛シャンプーには、医学的見地から影響力が許認可された成分が入っているものはございませんから、基本的にはシャンプー自体で発毛効果を手に入れることは不可能なのです。

 

薄毛が発生する原因を言うことができる裏付けがない

 

シャンプーはありふれたことであり、「それで発毛につながるならどんなに合理的か」との心持ちを持つのはごく不自然さのないこと。育毛シャンプーで、頭皮の毛穴から皮脂を取り除き綺麗にすると、なんとなく毛も毛が伸びてきそうなイメージを有しますよね。

 

まだ間に合う!薄毛の原因4つの対策法と抜け毛の本数を止める生活環境、で案内していますが、毛髪には1本ごとに寿命があって、退行期な時は意識することなく抜け落ち、新しい髪が成長してきます。

 

ヘアサイクルの循環の写真

 

広告などを使っても、スコープで頭皮を拡張にして、「ホラ!これほどまでの皮脂で汚染されているんですよ」みたいなのをよく見る機会がありますが、それらはどれも「頭皮が不潔になっていることが薄毛の原因だ」と、ハッキリ宣言しているものは全くないでしょう。

 

これは、確実である科学的な証拠がなく、もし言い切ってしまえば虚偽広告が引き起こされる可能陛が高いからです。医学的にしても、頭皮の毛穴にある皮脂や頭皮の汚れが薄毛の直接の要因になっているということはありません。

 

シャンプーは髪の汚れや皮脂を低下させるのがお目当て

 

もし、シャンプーでしか落とすことはできないような頭皮の汚い部分や、皮脂汚れが薄毛を引き起こすなら、シャンプーで髪を洗わないアマゾンの民族やホームレスのような人達は、みんな薄毛になってしまうハズですが、現実問題としてそうなってはいません。

 

少なくとも、「頭皮の汚れや皮脂は、具体的な薄毛の原因ではない」というような考え方が言えると思います。

 

皮脂は、重点的に髪や頭皮を紫外線から守る目的で、毛根のひとつひとつにある皮脂腺から分泌されます。その結果、その役目はむしろ防御し手であり、頭皮にとって悪徳なものではありません。

 

また、髪が伸びれば毛穴の皮脂もいつの間にか排出されますから、蓄積され続ける事実がないのです。不潔に発展しないレベルの、軽めのシャンプーで大丈夫です。

 

ただ、頭皮を綺麗にしておけば、頭皮のニオイ回避ということを意味しますし、塗り付けるタイプの育毛剤を使う際に、より毛穴に育毛剤の成分が浸みることに繋がるので、衛生的にするのに越したことはないはずです。

 

シャンプーは、どちらにしても髪の汚れや皮脂を降下させるもの。シンプルなタイプで問題なし。発毛や育毛用のシャンプーは通り一辺倒なものに比べてかなり高値ですし、あえてそれを購入する事はないなのではないでしょうか。

 

シャンプー購入の注目すべき点

 

薄毛で苦しんでいる人のシャンプー調達の基本にあるのは、ラベルに掲載されている成分表示を確認し、そこに「合成界面活性剤」と明示されていた場合、そのシャンプーを回避すること。

 

この「合成界面活性剤」は、本当に強い洗浄力をもっている成分で、頭皮や毛穴に引っ付いている余分な皮脂のは当然の事、頭皮に最低限引き渡せない潤いをも取り去ってしまい、フケが湧き起こったり、挙句のはてに薄毛に拍車を掛けてしまうの事が見受けられます

 

テレビCMなどで、モニターのビフォーアフターで確かに髪が色濃くなっている画像を使い、言うなれば「シャンプーを使い続けた結果髪が生えた」ように、宣誓しているようなものがありますが、これまた「シャンプーの効能で発毛した」と宣言すれば虚偽広告に規定されてしまいます。

 

もし、本当に髪が増大中なら、それはシャンプーのお陰ではなく、一丸となって薬による治療を行っている確率が大であるでしょう。薄毛を何とかすればとワラにもすがりたい気分の時こそ、クールに判断しカシコイ購入者でいる必要があります。

 

可能ならば整髪料や白髪染めは回避する

 

整髪料や白髪染めを活用している人も大勢いるでしょう。しかし、こういう類の製品に含まれる化学物質は頭皮に負担を負わせてしまいます。よろしかったら、整髪料が無い状態で済ませられるようなヘアスタイルにしたり、白髪染めのローテーションをセーブするなどのアプローチをしてください。

 

整髪料がどうがんばっても必要なら、ホホバオイルやツバキオイルのような天然オイルが一押し。これは、ごく少量で髪にツヤと整いを与えてくれることになります。ただ、つけすぎると髪がベタっと横たわってしまい、薄毛が分かりやすくなってしまうので1〜2滴にとどめることを目的にしましょう。